[ 2017年1月17日 ] 遺留分対策を忘れずに

せっかく遺言で相続財産の分配を指示してもらったと思っていたら、遺言者の遺志に反して

「遺留分減殺請求」という強い権利で、確定したと思っていた相続分をひっくり返されるという例もあります。

遺言をしたためる時にもそのような部分に配慮する慎重さが必要です。

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中

ナカイ相続トータルサポートセンター 

0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2017年1月16日 ] 自筆証書遺言の要件

「自筆証書遺言」は費用もかからず、容易に何度でも書き直せます。

その手軽さが受けて、「毎年書き直している」などと豪語するかたも出てきました。

でも、気をつけてください。要件を踏み外すと無効にもなりかねないこと。そして、検認手続きが必要なことです。

 

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中

ナカイ相続トータルサポートセンター 

☎0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2017年1月13日 ] 遺言能力 認知症と成年後見

最近利用者が増えている“成年後見制度”、多くは認知症に起因する

のですが、認知症によって判断能力を失った方々が遺言を残すには

どのようにすれば良いのでしょうか?

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中

ナカイ相続トータルサポートセンター 

0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2017年1月8日 ] 専門家に相談しよう

相続はそう何回もあるものではありません。

また、私たち専門家でも驚くのですが、まさに

十人十色でまちまちの解決や結果に導かれます。

 

そして、ここが重要なのですが、ほとんどの方が

その解決で良かったのかどうかと迷い、悩みます。

 

理由は多々ありますが、往々にして陥る落とし穴があります。

それは、

本当のことを知らないということ…。

相続というものの真実、事実を知ってください。

私どもは専門家としてあらゆる角度から

あなたの疑問にお答えします。

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中

ナカイ相続トータルサポートセンター 

0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2017年1月6日 ] 公正証書遺言の実際

公正証書遺言は公証人により認証されているので法的にも

不備がなく、遺言の遺志を達成しやすくなっています。

でも、中身は遺言をされるご本人が考えなくてはなりません。

せっかく作っても使い物にならないものでは意味をなしません。

相続問題にまつわるたくさんの壁や落とし穴をクリアして

想いが伝わるしっかりした遺言を遺しましょう。

どうぞナカイの門を叩いてください。

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中

ナカイ相続トータルサポートセンター 

0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2017年1月4日 ] 遺言の有無による相続の現場の差

(1)遺言を書く必要性がある (×)  書かなくて良い

(○)

(2)①自筆証書  ②公正証書 

では、遺言を書かなくてはならないのに遺せなかった場合は

どうなるのでしょうか?

(3)遺産分割協議 (○)  協議に沿った遺産分け

(×)  整わない

(4)①調停  ②審判  ③裁判

  険悪な仲になる

一緒に墓参りや、お付き合いができなくなる…。

(これが一番つらい)

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中

ナカイ相続トータルサポートセンター 

0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

 

[ 2017年1月3日 ] 夫婦相互遺言のその次も考える

新年明けましておめでとうございます

今年も早々からスタートダッシュです!

本年も宜しくお願い申し上げます

 

さて、本題に入ります。

子供がいない夫婦の一方が亡くなった時、遺産は生存している他方に全て相続されると誤解している方がまだまだ沢山います。

また、4分の1は死亡した配偶者の兄弟に渡さなければならないと信じている方もいます。

先日、夫だけが妻に遺言を遺して先立ち、妻は遺言を書かなかった相続を見ました。

“妻”は本当はどうしたかったのか?

それはお亡くなりになった“妻”が決められたのです…。

何も書かないという遺言もあります…。

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中

ナカイ相続トータルサポートセンター 

☎0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2016年12月30日 ] 「おひとり様」って大変なのだ

先日、おひとり様の遺品整理などを一括して手続きしました。

孤独死です。

死後2週間経過して私たちが暗い室内の部屋のドアを開けると

ウジ虫が羽化したハエが一斉に外に飛び出してきました。

ものすごい光景でした。

「○○さん無念だったろうな…。」

救えた命だったんじゃないだろうか?

話し相手はいたのかな?

寂しかったろうなぁ。

 

姫路市だけでも18,000人にものぼる“おひとり様”について

私たちができることを考えさせられました。

“みまもり家族りぼんの会”は、そんな不安を安心に変える

新しい時代のサポートを目指しています。

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中 ナカイ相続トータルサポートセンター

☎0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2016年12月29日 ] 遺言はいつか書き直そう

最近はテレビや雑誌の情報が豊富で「遺言」という言葉もかなりメジャーになってきましたね。しかし、まだまだ遺言を遺そうという人は一部であると言わざるを得ません。

遺言を書くか書かないかの判断も、“その意味と必要性”があるかどうかをしっかり吟味すれば自ずと答えも出ようというものです。

(1)もし遺言がなかったらどうなるのか?

(2)遺言がもたらす影響は?

そして、人生のステージは日々変わっていきます。

「後遺言優先の原則」なども利用して、遺言を書き直すのもOKです。

先日も公正証書で遺言をされた方が「取り消したい」と行ってこられました。OKです。(状況が変わったんですね(^^)v)

①公正証書で取り消してもよし。②新しい遺言で書き直してもよし。③費用をかけずに自筆証書遺言でも取り消せますよ。困ったら相談してくださいね。

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中  ナカイ相続トータルサポートセンター 

0120-329-180

■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)

[ 2016年12月28日 ] 遺言書の検認の意味

自筆証書遺言は家庭裁判所によって「検認」という手続きを経て、遺言が確かにあったということを確認してもらうことになります。

これは遺言の偽造や変造を防ぐのが目的なのですが、反面「検認」をしてもらった遺言で不動産の相続登記をした事例がありました。

 

字もろくに書けなかった親が、「Bに全て相続させる」とだけ粗末に書かれた紙切れが遺言だと主張するBにより「検認」され、B名義に相続登記された事案です。Aは弁護士を雇って遺言無効を勝ち取りましたが、なんと2分の1ずつの共有状態に持ち込むのがやっとで、その不動産は処分もできません…。

さぁ、あなたならどう対処しますか?

YouTube【ナカイの相続相談窓口】をご覧ください。

相続問題をわかりやすく解説中 ナカイ相続トータルサポートセンター ☎0120-329-180 ■相続・遺言・成年後見・介護・老いじたく・みまもり家族・節税対策・相続不動産の売却・運用・管理

■営業時間:9時~18時(土日祝日も可です)


2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

検索

カテゴリー

最近の記事

* RSS FEED